検診 medical examination

知る事から始める自分の女性らしい生き方

女性総合診療科のキーワードは「予防医学」。増え続ける乳がん、若年化している子宮頚部がんを目の当たりにし、女性の一生をサポートする産婦人科医として、もっと検診の大切さを伝え、広めたい!そう願わない日はありません。婦人科がんは、そのほとんどが早期発見することで治せるのです。
米国では7人に1人の女性が乳がんを発症。日本でも11人に1人の女性が乳がんを発症し、その数はこの10年で急増しています。先進国で乳がん死が増加しているのは日本だけです。
自分の心身の健康の主治医は、あなた自身です。そしてそんなあなたの心身のチェックをする、かかりつけ医を持つ事を心よりお勧めします。

検診について

婦人科検診は大きく分けて2種類あるのはご存知ですか?

 

集団検診

(会社や市町村での検診でお受け頂く検査内容は決まっています)

 

個人検診

(ご自分で病院や検診内容を決められます)
ご自分の体を守る為には定期的な検診が必要です。
集団検診と個人検診を上手に組み合わせてより精度の高い検診を受けましょう。
【例:市の乳がん検診(集団検診)+超音波(個人検診)】

マンモグラフィと乳腺超音波では発見できる病気が違います。年齢によっても有効な検査方法は異なります。
集団検診だけで満足せずにご自分の年齢に合った検診をうけましょう。
井上レディースクリニックでは、火・木・土の午後にがん検診日を設けております。

全員女性認定技師です。

ガン検診について

現在日本では10人にひとりが乳ガンにかかるといわれ、30才から64才のガン死亡原因の1位が乳ガンです。欧米では早期発見のために検診を積極的に進めた結果、死亡率は年々下がる傾向にあり、日本でも、マンモグラフィ検査による乳ガン検診を啓発していますが、精度の高い乳ガン検診を受けられる施設は残念ながら少ないのが現状です。
日本人の乳がんは若年者に多く、マンモグラフィー検査だけではなく、エコーを併用した精度の高い検診が必要です。乳ガンの他にも、子宮ガン、子宮頸ガンなど、20代の発症もめずらしくありません。性交のある女性や、不正出血・月経不順のある女性は必ず1年に1回は子宮がん検診を受けましょう。早期発見の決め手は検診。定期的に検診を受けることが大切です。

検査 対象年齢 こんな心配がある 概要
マンモグラフィ 40歳以上 乳がん 乳房のX線撮影であり、乳がんの早期発見に用いられる検査です。女性は40歳以上で定期的な検査を受けることが推奨されています。
乳腺超音波検査 20代〜 乳がん 乳房の内部を詳しく観察するために使用されます。乳腺の組織や嚢胞、腫瘤などの異常を評価し、乳がんの早期発見やその他の乳房疾患の診断に役立ちます。乳房のX線検査であるマンモグラフィと組み合わせて使用されることが一般的で、若い女性や乳腺組織の密度が高い場合に有用です。
骨密度測定 50歳以上 低体重、運動不足 骨粗鬆症や骨折リスクの評価に用いられます。通常、腰椎や大腿骨の骨密度を測定し、骨の健康状態を把握します。閉経後の女性や骨折リスクが高いと考えられる場合に推奨されます。
甲状腺超音波検査 全年齢 甲状腺がん 甲状腺の形や大きさ、組織の異常を評価するために使用されます。甲状腺の結節や腫瘤、炎症などの異常を検出し、甲状腺機能異常や甲状腺がんの診断に役立ちます。
子宮卵巣超音波検査 全年齢 生理不順 子宮と卵巣を詳しく観察するために使用されます。子宮内膜や卵巣の大きさ、形状、異常の有無を評価し、子宮筋腫や卵巣の嚢胞、腫瘍などの疾患を診断するのに役立ちます。
子宮頸がん検査 20代~ 子宮頸がん 子宮頸部の細胞を採取し、細胞の異常を評価する検査です。子宮頸がんの早期発見や前癌病変の検出に用いられます。
HPV-DNA検査 30歳以上 異常な出血やおりもの 子宮頸部から採取した細胞を使って、ヒトパピローマウイルス(HPV)のDNAを検出する検査です。HPV感染の有無やリスクの程度を評価し、子宮頸がんのリスクを予測するのに役立ちます。
子宮体がん検査 50歳以上 異常な出血がある 子宮体(子宮の内側の部分)から細胞を採取し、その細胞の異常を評価する検査です。子宮体がんは子宮体内膜がんとも呼ばれ、出血異常や不正出血の原因となることがあります。子宮体がん検査は子宮内膜症や子宮筋腫といった病気との鑑別や早期発見に役立ちます。

メニュー

ピンクリボンコース(乳がん検診コース)
マンモグラフィ + 乳腺超音波
13,200
マンモグラフィ+骨密度測定(レントゲン)
11,000
マンモグラフィ
7,700
乳腺超音波
7,700
乳腺超音波 + 甲状腺(超音波検査)
9,350
市の乳がん検診追加オプション(立川市・国立市の乳がん検診・無料クーポンの検診を当院で検診された方のみ)
乳腺超音波
5,500
TWリボンコース(子宮がん検診コース)
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん
8,800
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん + HPV-DNA(20代にお勧めの検診)
18,700
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん + 子宮体がん
11,000
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん + 子宮体がん + HPV-DNA
20,900
オプション(企業検診などで追加検診を行いたい方)
子宮頸がん または 子宮体がん(どちらか1部位)
3,300
子宮頸がん + 子宮体がん
5,500
子宮卵巣超音波検査
5,500
HPV-DNA検査
9,900
市の子宮がん検診追加オプション(立川市・国立市の乳がん検診・無料クーポンの検診を当院で検診された方のみ)
子宮卵巣超音波検査
5,500
お誕生日検診コース(お誕生日月と前後1ヶ月間は特別料金にて検診ができます)
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん
通常料金8,800円→5,500
子宮卵巣超音波 + 子宮頸がん + 子宮体がん
通常料金11,000円→7,700
マンモグラフィ + 乳腺超音波
通常料金13,200円→11,000
乳腺超音波
通常料金7,700円→5,500
マンモグラフィ
通常料金7,700円→5,500
追加オプション(お誕生日コースに追加でお受けいただく場合の特別価格)
甲状腺超音波検査
1,650
骨密度測定(レントゲン)
3,300
子宮頸がん または 子宮体がん(どちらか1部位)
3,300

あなたの悩みにあった
ケア方法を探しましょう
お悩み・年代別
検査・療法

姉妹検診クリニック

また、立川駅近くに設けました、検診専門施設、リボーンレディースクリニックでは毎日、細部にわたる検査を行っております。 会社の健康診断や市町村の公費検診だけでなく、よりご自分の年齢、生活環境にあった検診を受けられるようおすすめします。

リボーンレディースクリニックHP

診療のご予約

新規の患者様

新規の患者様は、お電話にてご相談下さい。042-525-2203 (10:00~16:00 日曜・祝日を除く)初診時にIDを発行致します。その後はインターネットからのご予約が可能となります。

既にIDをお持ちの患者様

既にIDをお持ちの患者様は、専用予約システムからご予約が可能となっております。
乳腺外来・婦人科検診・市検診の患者様はIDの有無関係なく電話予約をお願いいたします。

婦人科問診表 ダウンロード

当日について

当日の服装について

内診がある場合は、ズボンよりもスカートのような脱ぎ着しやすい服装をおすすめします。

持ち物について

  • 健康保険証
  • 基礎体温表(記録している方)
  • 他院での検査やお薬手帳

お支払い方法について

  • 現金
  • クレジットカード