Loading...

不妊外来

21/02/22 特定不妊治療費助成制度の拡充について

2月17日付で、東京都より特定不妊治療費助成制度の拡充についての情報提供がありました。

           

  1. 助成対象:令和3年1月1日以後に終了した治療
  2. 拡充内容

(1)所得制限が撤廃されます。
(2)助成上限額が増額されます。1回の治療当たり30万円を上限に助成(ステージC、Fは10万円が上限)されます。
(3)助成上限回数が「1子ごと」に変更になります。助成を受けた後、出産した場合および妊娠12週以降に流産・死産に至った場合は、それまでに受けた助成回数をリセットすることができます。

リセット後の助成上限回数は、以下のとおりです。
(1)妻の年齢が40歳未満は通算6回まで
(2)40歳以上43歳未満は通算3回まで

 

20/05/18 当院で不妊治療を行っている、またはこれから予定している患者様へ

4月1日の日本生殖医学会の声明および 4月7日の緊急事態宣言の発出以後、当院では人工授精、体外受精などの不妊治療を控えておりました。
5月18日、日本生殖医学会より「不妊治療(人工授精、体外受精、生殖外科手術など)の延期を受け入れた患者様に対し、感染防御と感染拡大防止の対策を可能な限り施行した上で不妊治療の再開を考慮する」との提言がなされました。
これを受け、未だ新型コロナウイルス感染症流行下ではありますが、当院では患者様の意思を十分に尊重、確認した上で、希望される患者様には6月より治療を再開することといたしました。

 

20/05/01 「東京都特定不妊治療費助成事業」の特例措置についてのお知らせ

特例1.令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳であるご夫婦で、令和2年度に新型コロナウィルス感染防止の観点から治療を延期した場合⇒年齢制限を延長し、妻の年齢が44歳になる前日(44歳未満)までに開始した治療まで助成対象に含めます。(従来は43歳未満)

特例2.令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳であるご夫婦で、令和2年度に新型コロナウィルス感染防止の観点から治療を延期した場合⇒初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときには、6回まで助成を受けられることになります。(従来は3回)

以上の特例措置は、現在のところ令和3年3月31日までの予定です。

 

20/04/21 体外受精に関する(特定不妊)治療費助成の年齢制限が緩和されました。

新型コロナウィルス感染者が急増する中、日本生殖医学会は4月1日付で不妊治療の延期を選択肢として患者様に提示するよう声明を出しました。
これを受けて厚生労働省は4月9日、本年度に限った措置として特定不妊治療費助成の年齢制限を緩和し、治療開始時の妻の年齢を「43歳未満」から「44歳未満」に引き上げると発表しました。

 

20/04/17 当院で不妊治療を行っている、またはこれから予定している患者様へ

4月7日に、東京都をはじめ、7都府県に緊急事態宣言が出されました。これを受け、当院では現在、人工授精および体外受精の実施を見合わせております。緊急事態宣言の効力は5月6日までの予定ですが、事態の推移を見守りながら治療開始時期を判断したいと考えています。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
なお、卵胞チェックによるタイミング指導、子宮卵管造影検査を除く一般不妊検査は通常通り行っております。

 

20/04/06 新型コロナウイルス感染症に関して当院の不妊治療における方針について

4月2日に発表された日本生殖医学会の声明文の要旨は、「新型コロナウイルスの予防法、治療法が確立していない現在、妊娠中に感染することは母児にとってリスクが高く、人工授精、体外受精などの不妊治療のうち可能なものについては、中止や延期を考慮する」となっています。
当院の方針として、ご夫婦の意思を最優先に考え、最善の結果が得られるような方法をご夫婦とともに考えていく所存です。この声明を踏まえ、以下の選択肢が考慮されます。

  1. 現在進行中の体外受精による治療は、このまま最後まで進め、胚凍結及び胚移植まで完了する
  2. 現在凍結保存中の胚は、感染状況が落ち着くまで胚移植を延期する
  3. 新たに開始する体外受精による不妊治療は、感染状況が落ち着くまで延期する

ただし、各患者様で事情は異なります。現在までの治療経過や患者様の年齢を考慮した場合、患者様によっては、治療延期は加齢により不妊治療自体を困難にする可能があります。したがって、患者様のご希望があれば今まで通り治療を継続するという選択肢もある、ということを申し添えておきます。
治療中の患者様には、可能な限りの感染防止を努力していただくことをお願いいたします。疑わしい症状があるときは、来院を控え、その後の対応はお電話にてご相談ください。

井上レディースクリニック

〒190-0013 東京都立川市富士見町1-26-9
TEL:042-529-0111 FAX:042-522-2109