Loading...

「さい帯血」保管について(動画説明あり)

さい帯血とは

「さい帯血(臍帯血)」とは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒の中に含まれている血液です。

さい帯血には「幹細胞」という。体の様々な組織や臓器のもとになる細胞が豊富に含まれています。 万が一、産まれてくる赤ちゃんが将来、白血病や脳性麻痺など、現在、臨床試験や研究段階にある再生医療・細胞医療に保管しておいた細胞を使って治療できる可能性があります。

さい血イメージ

さい帯血を保管する機会は、”お子様の一生のうち一度”しかありません。
※兄弟姉妹間の移植は、非血縁者間の移植に比較して合併症も少なく、生存率も良いと報告されています。

当院では、ご希望のさい帯血採取の協力をしております。
詳しくは、ステムセル研究所のホームページをご覧ください。

ステムセル研究所バナー

ステムセル研究所HP

井上レディースクリニック

〒190-0013 東京都立川市富士見町1-26-9
TEL:042-529-0111 FAX:042-522-2109