不育症について

はじめに

不育症とは・・・

自然流産は妊娠の15%に発生しますが、流早産、死産を2回以上繰り返した場合、不育症と診断されます。2回以上とするか、3回以上とするかは議論のあるところですが、厚労省不育症研究班は2回以上とすることを提唱しています。

不育症のスクリーニング検査を開始する前に・・・

  1. 下記検査を行ってもなお、流早産、死産の原因が判明しないご夫婦が相当数存在します。このような場合には、ご夫婦に十分に説明し相談の上、方針を決定させていただいております。
  2. 下記検査の中には、前回妊娠の影響が残っていると異常値が検出される場合があり流産後、少なくとも1回以上の月経が発来してから検査を開始します。
  3. 下記検査の中には、保険診療適応外のものが含まれていますが、まず一次スクリーニングとして保険適応のある検査を行い、さらに必要があれば保険適応がない検査を行います。
  4. 不育症の疑いで染色体検査を行った場合、ご夫婦のいずれかに染色体異常がある場合が5%前後に認められます。染色体検査を実施する前には十分なカウンセリングを行い、検査を行うかどうかを選択していただきます。

妻に対する検査項目

料金表はこちら

1血液凝固機能検査

血液凝固能異常があると胎盤内で血栓が作られ流早産、死産の原因になります。
APTT、第XII因子活性、protein-S活性、protein-C活性

 

2自己抗体および抗リン脂質抗体検査

  • 膠原病や抗リン脂質抗体症候群などの自己免疫異常があると胎盤内の血栓形成を 助長し流早産、死産の原因になります。
  • 血栓を作りやすい体質は、不育症だけでなく妊娠高血圧症候群(いわゆる妊娠中毒症)、胎盤の早期剥離、胎児の発育遅延などの危険因子として考えられています。
  • 抗リン脂質抗体陽性例では、12週間以上の間隔をあけて再検査し、再び陽性であれば抗リン脂質抗体症候群と診断します。
  • 精密検査をする必要がある場合
    1. 3回以上の連続した初期流産(10週未満)を起こした場合
    2. 1回以上の10週以上の原因不明の子宮内胎児死亡となった場合
    3. 1回以上の34週未満の重症妊娠高血圧症候群、子癇発作を起こした場合
    4. 胎児胎盤機能不全に関連した早産となった場合
  • 検査項目
    抗核抗体
    ループスアンチコアグラント(LAC)
    抗カルジオリピンβ2GPI抗体
    抗カルジオリピン抗体
    抗フォスファチジルエタノールアミン抗体(PEIgG、PEIgM抗体)(自費)
    抗フォスファチジルセリン抗体(PS抗体)(自費)

3内分泌検査

以下の内分泌異常は、不妊や不育の原因となり治療が必要です。

 

  1. 黄体機能不全:血中プロゲステロン(高温期7日目前後で採血)
  2. 高プロラクチン血症:血中プロラクチン(月経中)
  3. 甲状腺機能異常:甲状腺ホルモン(FT3、FT4、TSH)
  4. 耐糖能異常:空腹時血糖

4不規則抗体

分娩・流産時の胎盤剥離の際に、胎児赤血球が母体循環に入り込むことで母体に抗体が作られます。この抗体がその後の妊娠で胎盤を通して胎児に移行し流早産、死産を引き起こすことがあります。

5子宮の形態異常の検査:子宮卵管造影法、経腟超音波検査

先天的な子宮形態異常、子宮筋腫、子宮腔癒着などは不育症の原因となることがあります。

6染色体検査(G-Banding法)

 

夫に対する検査項目

1染色体検査(G-Banding法)

不育症のリスク別頻度


【ドクターズファイルに掲載されました】晩婚化により、妊娠・出産を望む夫婦の年齢も上がり、不妊に対する悩みが増えてきている。不妊の原因は、女性側、男性側、また双方にある場合があるが、男性においては、なかなか不妊検査や治療に積極的になれず、女性に責任を押し付けてしまうことも多いそう。そもそも不妊とは何なのか、検査や治療ではどのようなことが行われるのか、「井上レディースクリニック」の中田浩一副院長に話を聞いた。(取材日2015年2月2日)

スクリーンショット 2015-03-06 11.41.00